×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google

Yahoo! JAPAN



伊豆スカイライン リンク集

伊豆スカイライン(いずスカイライン)は、静岡県道路公社が経営する一般自動車道(有料)。静岡県田方郡函南町の熱海峠から同県伊豆市の天城高原へ至る。伊豆半島を縦走する延長40.6kmの一般自動車道である。1962年供用開始。

熱海峠より伊豆半島の稜線を縦走し、天城高原、天城峠、猫越峠、土肥峠(船原峠)を経て大瀬崎へ至る“J”字型の道路として計画されたが、現在では東側の熱海峠〜天城高原間が供用されている。東伊豆町など沿線自治体から天城峠までの延伸要望があるものの、具体的な計画は未定である。なお計画線のうち、西側の戸田峠〜土肥峠間は西伊豆スカイライン、土肥峠〜風早峠間は県道411号西天城高原線として開通している。全線対面通行。

展望のある景観の優れた観光道路であるが、混雑することが多い並行する国道135号の抜け道として利用する事も可能。

冬季は積雪・凍結により閉鎖されることもある。また夜間は料金所に収受員が詰めていないので実質無料で走行できるが、街灯が整備されておらず、道路自体が高地にあって到達に時間がかかり更に海岸沿いの国道135号の道路渋滞は夜間は緩和されるので走行車は少ない。

中速、高速コーナーが連続する区間が多く、休日は首都圏から走りに来る二輪車やスポーツカーが非常に多い。また、それに伴う交通事故も絶えない。

2009年11月1日から通行料の上限を200円とする社会実験を始める。伊豆への観光促進と国道135号線の渋滞緩和が目的とされる

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2010 伊豆スカイライン リンク集 All Rights Reserved.

リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4